投資スタイルに応じた手数料選びの重要性

誰もが株式投資を考える際に気にすることと言えば、その証券会社の手数料体系だと思われます。以前の証券会社の手数料は非常に高額で、手数料で潰される顧客すら存在していました。

 

ですが現在はインターネットの普及に伴い、ネット証券が広く普及しています。ネット証券はその利便性の高さもメリットの一つですが、最も大きなメリットは、従来の取引とは比べものにならない手数料の安さにあります。

 

具体的な手数料の内訳ですが、そのうちの一つが口座維持手数料です。文字通り、口座を維持するための手数料の事です。従来の株式投資では、この手数料もかなり高額でしたが、競争の激しいネット証券の殆どは、口座維持手数料を徴収していません。

 

もう一つが売買委託手数料です。証券会社の収益はこれが全てと言っても過言では無いので、ネット証券でも当然この手数料は掛かってきます。

 

ネット証券は、売買委託手数料の違いで競争をしていますが、この手数料の体系は大きく2つに分類出来ます。取引毎に手数料を取られるプランと、1日定額型のプランです。

 

たとえば長期保有スタイルの投資家は、定額プランは損になりますが、デイトレードが基本の投機家にとっては、有益です。

 

このように自分の投資スタイルに応じた手数料体系のネット証券会社を選ぶことが大切です。


このページの先頭へ戻る